2012年11月16日

崩壊すんぜん。日本の山。

ごぶさたしております。太一@薪ストーブの前です。


だんだん寒さが増してきて、今朝は車の窓が氷っておりましたよ。

薪の消費量も増えてきて、今年使える薪をもう少し集めてこないと、

ストックしてある分では冬を越せんでしょうな。


最近たくさん頂いてきた雑木の薪は、おそらく使えるのは来シーズン。

乾くのに時間がかかりますからね。

今年使うやつは、木を倒してからしばらく経って、乾いてるやつじゃないとです。

幸い、今やっている山の仕事の現場に、伐り捨ててしばらく経った木がたくさんあります。

杉・ヒノキ(針葉樹)ですけどね。

薪には広葉樹が良いと言われてます。

硬くて重くて、火がつくとしばらく燃えます。

針葉樹の3倍くらい長持ちするって話。

それから、針葉樹に比べ煤が少ない。

針葉樹は、

柔らかくて軽くて、火がつきやすいけど、もちが悪いです。

煤も多いですから、煙突掃除の回数が増えます。


まぁ、うちは針葉樹をガンガン使ってますけどね。

煙突だって、掃除すりゃいいんですから。

杉・ヒノキなら、間伐した山にたくさん放置されていて、手に入りやすいです。




さっき少しふれましたが、最近は山の仕事に行ってます。

山の手入れです。

間伐・枝打ち・鹿よけ・植林の順にやってます。

手入れをすることで、山をより健全な状態に保ち、環境を守ります。

手入れをしないと、細くて背の高い木が密集し、光が山に入らず、風は通らないし、草も生えない。

虫や動物達にとって、生きづらい環境になります。動物達が町に降りてくるようになったのは、そんな状況も影響しているよう。

木の根は広がらず、山の治水力が下がり、水資源の問題、豪雨による土砂崩れ、流木による二次災害などにつながります。

降った雨が山に蓄えられず、すぐに川に流れ込むので、水中の養分も少なく、結果として下流の田畑、海へも影響しているようです。

農家が田畑に余計な肥料を加えるようになったり、川や海の魚が減っているのも、山が荒れていることが影響しているのだそうです。

日本中の山が、今そんな状況です。


数ヶ月前、鋸谷式間伐で有名な鋸谷茂さんの講演を聞きに行きました。

衝撃だったのは、

「このまま日本の山を放置すれば、30年後には8割の山が崩れてしまうのではないか」

とおっしゃっていたことでした。

僕も含め、みんなが思っているより、ずっとずっと深刻な状況のようです。


田舎も都会も、今の平和な生活があるのは、まだギリギリのところで自然のサイクルが機能しているからでしょう。

でも、そのサイクルの頂点にあるとも言える山がこのまま崩壊してしまったら、

住んでいる場所に関係なく、すべての人々にとって、その影響はとてもとても大きいものになると、

思います。

遠い国のどこかでおこっていることではなく、

とっても身近で、自分達の生活、子供達の将来に直結してくる問題。

自分に何ができるのか、

みんなが少しずつ考えて、少しずつでも行動に変えて行けたらいいなぁと思います。




さて、最近の写真ですー。


月まわり公園で行われた、千年祭の時に設置された巨大ブランコ。
子供達も嫁さんも、めっちゃ楽しそうでした☆

IMG_5755.jpg


友達の引っ越しを手伝ってきました。新規就農、がんばってね!(^^)/
IMG_5781.jpg


近所の木になっていた渋柿を取らせてもらって、干し柿をたくさん作りました。
IMG_5793.jpg


山仕事のお昼休み。最近は寒くなってきたので、焚火にあたりながら、いろんな話をします。
みんなといろんな考えをシェアする、とても良い時間です。
IMG_5816.jpg


建築現場からいただいた、大量の廃材。ちょっとした工作の材料になり、焚き物にもなり、子供達の積み木にもなります。
IMG_5820.jpg


長女の誕生日、久しぶりに街までお出かけしてきました♪
IMG_5743.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村








posted by Taichi at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。